デイサービス施設にて『音楽療法士 兼 介護職員』のインターンシップを実施しました!

更新

ライフケア事業部のチャレンジ

シムラのチャレンジ wrote

シムラグループでは、エネルギー事業・ライフケア事業ともに、様々な職種で学生さん向けのインターンシップを行っています。

今回は、2019年に実施した『音楽療法士 兼 介護職員』のインターンシップの様子をご紹介します。

 

◇音楽療法の仕事を目指す学生さんのために

今回の『音楽療法士 兼 介護職員』インターンシップは、デイサービス施設で実施しました。

「音楽療法士として働きたい」、「音楽と介護どちらにも興味がある」という学生さんでも、実際の仕事内容や介護施設の雰囲気はイメージしにくいもの。

そんな学生さんに、より具体的に働くイメージを膨らませて頂けるよう、実際の音楽療法や利用者様との触れ合いを見学・体験して頂くプログラムになっています。

 

 

◇音楽療法・介護業務を体験

2019年のインターンシップも多くの学生さん(10名)に参加していただきました。

それぞれの状況やご希望に合わせて、1日~2週間のプログラムで実施。日々行う音楽療法に加え、各種体操やレクリエーションの見学・サポートを通じて、デイサービス施設の業務を体験していただきました。

 

インターンシップ初日。まず、施設に訪れる利用者様をお迎えするところから、業務体験がスタートします。

始めは緊張していた様子の学生さんですが、お茶の提供やレクリエーションの準備などをしながら、利用者様とコミュニケーションを取ることで、徐々に表情もほぐれていきました。

そして、施設最大の特徴である音楽療法を見学。それぞれの音楽療法士によるプログラムの違いや、利用者様の反応を実感していただきました。

 

インターンシップの後半には、音楽療法のプログラム中に、学生さんにも演奏をしていただきました。

それぞれの個性が光る素晴らしい演奏を披露してくれて、利用者様や当社のスタッフにとっても、楽しい時間となりました。

 

 

◇インターンシップを終えて

「自分の演奏に耳を傾けてもらえて嬉しかった」

「音楽療法の時に、利用者様の表情や行動がイキイキと変化して嬉しかった」

「レクリエーションなど、音楽療法以外の活動からも多くの発見があった」

「年齢の離れた方とのコミュニケーションの取り方を学んだ」

「利用者様の笑顔を見られて嬉しかった」

 

インターンシップに参加した学生さんからは、こんな声が聞かれました。

見学・体験を通じて、多くの学びや楽しさを感じていただくことができ、スタッフ一同、とても嬉しく感じました。

また、利用者様からも「もう最終日なの?」、「また来てほしい」といった声が多くあり、とても貴重な時間を学生さんと共に過ごすことができました。

 

 

 

今回初めてインターンシップに参加したという学生さんにとっては、新たな『チャレンジ』になったのではないでしょうか。

インターンシップに参加した学生さんは、これから本格的な就職活動へと向かっていきます。

本当の『チャレンジ』は、いよいよこれから。今回の経験を活かし、実りある就職活動につなげていただければ幸いです。

 

シムラグループでは、今回ご紹介した「音楽療法士 兼 介護職員」の他に、「介護スタッフ」「エネルギー事業製造スタッフ」などでもインターンシップを実施しています。

当社の業務にご興味を持ってくださった学生さんはもちろん、漠然と業界や職種に関心をお持ちの学生さんも、是非シムラグループのインターンシップにご参加ください。

参加申し込み、実施時期・日数などのご相談は、こちらのフォームからお気軽にどうぞ!